FC2ブログ

トラステック ウェルフェア事業部

福祉事業所向けソフト「SMART CARE」のトラステックウェルフェア事業部ブログです。

タブレット介護記録導入施設見学(燕市)

こんにちは、ウェルフェア事業部の片桐です。

介護専門家ブログを更新。
燕市の介護記録システムを導入したお客さんに見学同行しました。

  ↓  ↓  ↓

タブレット介護記録導入施設見学(燕市)


  1. 2018/08/27(月) 10:58:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏季休業日のお知らせ

盛夏の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
日頃は弊社福祉施設向け業務支援ソフト「SMART CARE」をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

弊社では下記の通り夏季休業を予定しております。ご迷惑をおかけいたしますが何卒宜しくお願い致します。

平成30年8月11日(土)~8月15日(水) 休業

※ 10日(金)は営業日でございますが午後より弊社会社行事のため電話が繋がらない場合がございます。休業前のお問合せは早めにお願い致します。

  1. 2018/07/31(火) 13:08:38|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

H30年4月の介護改正で変わったところ②

おはようございます!
こんにちは!
こんばんは!

最近豆乳にはまっているウェルフェア事業部のNです(*´v`)

最近は雨でジメジメと気が滅入りますね…
ワールドカップのロシアもジメジメと暑いらしいですね。
暑さも吹っ飛ぶようなポーランド戦を期待したいですね!

さて、今日ご紹介するのは
「ICTを活用したリハビリテーション会議」です。

H30年の改定により、リハビリテーション会議の医師の参加方法が、
ICTの活用でも良いとなりました。
ICTとはいったい何を指すのか?

具体的に言えば、テレビ電話での会議になりますね。

以前あ~した、天気にな~あれ!こちらの記事にて、
ハングアウト、Meetをご紹介しました。
つまりはこのことですね。

会議場所にインターネットが繋がるパソコン(スマートフォン可)があれば、
医師のパソコンやスマートフォンからテレビ電話が可能になります。

これで、医師のスケジュールがどうしても…というとき、
その時1時間だけ…いや、30分でも…という分単位の予定を組むことができます。

移動時間が減るので効率的ですね。

ぜひ導入の検討をしてみてはいかがでしょうか?

それでは本日はこの辺でヾ(・∀・)ノ


  1. 2018/06/28(木) 11:24:29|
  2. H30年度介護改正
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

H30年4月の介護改正で変わったところ①

朝でも昼でも夜でもこんにちは!
ウェルフェア事業部のNです。

H30年度の介護改正で初請求が終わりましたが皆様のところはいかがだったでしょうか。
加算が増えたり、単位が変わったりといろいろありました。

今回の改正で地味に変更された点を紹介します。
それは…給付費明細書の摘要欄です。゚(゚´Д`゚)゚。

いろんな加算で摘要欄に記載するところが変わりましたが、
もっとも見落としやすいのが、【看取り加算】ではないでしょうか。

今までは、摘要欄に死亡日を記載するだけでした。
それが今回から、
・介護福祉施設サービス、
・地域密着型介護老人福祉施設

すなわち特養は
①対象者が死亡した時間帯の番号を摘要欄に左詰めで記載すること。(早朝・夜間の場合のみ)
②対象者が死亡した場所の番号を摘要欄に左詰めで記載すること。
とされました。

※特定入居は死亡日のみ


皆様も請求の際は十分にお気を付けください(°_°)


  1. 2018/05/14(月) 20:11:30|
  2. H30年度介護改正
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皆様、こんにちは!
ウェルフェア事業部紅一点Nです。

2018年4月、世間では新年度になりました。
今年は法改正で福祉業界はてんやわんやでお花見どころではありませんね…
(新潟に来ていまだに高田の桜を見ていない;;)

一般世間の例にもれず、弊社も新入社員が出社してフレッシュな空気を感じます!

福祉系のブログ(?)として、法改正のポイントを紹介しようと思いましたが、
他でたくさんの方々が書いていると思いますので割愛いたします(*'ω'*)

さて、今回は春らしいニュースのご紹介です。
(時期的には3月…)
6万5574人の新たな介護福祉士が誕生!

注目はやはり外国人介護福祉士候補者でしょう。
記事にある通りベトナム国籍が多いですね。
外国人労働者がどんどん参入する中、
その流れには介護業界もうまく乗らなければなりません。
そこには言語の壁をどうするかが問題に上がります。
それこそ介護×Iotで解決したいですね!




  1. 2018/04/10(火) 09:43:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad