FC2ブログ

トラステック ウェルフェア事業部

福祉事業所向けソフト「SMART CARE」のトラステックウェルフェア事業部ブログです。

めるめる

ウェルフェア事業部の山田Tです。

皆さん普段から仕事でプライベートで
良く使われているであろう電子メール。

実はこの電子メールには

・テキスト形式
・HTML形式
・リッチテキスト形式


といった形式が存在する事をご存知でしょうか。




それぞれの形式には、

・テキスト形式
 テキスト、つまり文字のみでメールを作る形式。
 文字の書体や大きさを変えたり、メールに背景を付けるなどの装飾はできないが、
 送信先がどんなメールソフトを使っていても正しく表示される。
 また、携帯電話にメールを送る場合は、テキスト形式が適している。

・HTML形式
 Webページを作るときに使うマークアップ言語のHTMLを使って作成されるので、
 文字を装飾したり、メールに背景を付けたりすることができる。 
 Microsoftの提供するメールソフトは、
 基本的にHTML形式がメールを作成する既定の形式となっている。

・リッチテキスト形式
 Microsoftが策定し公開している形式。
 HTML形式と同じように、文字の装飾や、画像の表示などができる。
 メールを受信する相手もこの形式に対応したメールソフトを使用していないと
 送信したメールが正しく表示されない。
 主にワープロソフト等で使われる形式。

このような特徴があります。



先述のとおり、Microsoftの提供しているメールソフトは
HTML形式が既定の形式になっており
そのまま使用されている方も多いと思われますが、
セキュリティの観点から見た場合、
HTMLメールはウィルス感染源となりやすいため
メールはテキスト形式で送受信するのが望ましいと言われています。

なぜHTMLメールがウィルス感染源になりやすいのかというと、
Webページを閲覧しただけで感染するようなウィルスが
HTMLメールに仕組まれた場合、
そのメールをプレビュー閲覧しただけでウィルス感染するからです。

また、メール本文中に記載されたリンク先がそういったウィルスに
感染していた場合、リンクをクリックし、その頁に移動する事によって
ウィルス感染するというパターンもあります。

これらの理由により、HTMLメールの送受信を制限している会社もあります。

他にも、HTMLメールは受信者側で
メール作成者が意図しない表示のされ方となる場合もあり、
内容を読み取れない場合も多々有り得ますので、
メールはテキスト形式メールで送受信を行うのが
一番安全且つ確実と言えるでしょう。



GW終わっちゃった…
  1. 2013/05/07(火) 18:43:57|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trustec.blog.fc2.com/tb.php/108-5118f9a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)